霊感・霊視・チャネリングとは②【霊視編】〔過去記事〕

弥々【占い師・お守り装身具作家】

ボディピアス愛好家な元アパレル販売員で、現在は占い師・お守り装身具作家の弥々です。
公式サイト「Yaya Waterdrop」では、神奈川県大和市の小田急線「桜ヶ丘駅・大和駅」近辺で霊感タロット鑑定を行いつつ、ファッションにも使える手作りの天然石・パワーストーンのお守り装身具を楽天市場で販売しています。
ちなみに占星術では特殊なアスペクト・グランドクロス(不動宮)を出生図に持つ、左利きで珍しいタイプの占い師。

〔過去記事:2015年執筆、2019年加筆修正〕

こんにちは、占い師の弥々です。
今日は私が鑑定で使用してる占術「霊感・霊視・チャネリング」について、私なりの価値観で説明してみたいと思います。
実はお客様からも鑑定中によく「霊感・霊視・チャネリングって何?」というご質問を頂く事があるのですが…正直に言って、精神世界の事は人により感じ方や考え方が異なる為、ここで私が明確に断言するつもりは御座いません。
しかし、私が学んだり経験して得た知識の範囲内で宜しければ、スピリチュアル能力の中で代表的な霊感・霊視・チャネリングについて、細かくなりますが綴ってみます。


◆霊視について◆

霊視とは、霊感で感じ取った人の心や霊的存在・物事が(絵や映像等)視覚的に見える感覚や能力。霊感が発達した感覚や能力といったもの。感じ取った物事を、そのままイメージする訓練をする事で鍛えられると私は思っています。

霊視の視え方(※)には2パターンありまして、1つ目は肉眼で視えるタイプで、2つ目は脳内で視えるタイプに大体分かれます。それぞれの違いは以下の通りです。

①肉眼霊視タイプ
肉眼タイプは、実は脳内タイプと同じで実際は脳で見ているのですが、「肉眼で見ている」という錯覚を脳が起こす事で、そう見えているのだと(肉眼タイプの先生から聞いた話も含めて)私は思っています。
肉眼タイプの弱点は、文字通り肉眼を通して視てしまうので、人によっては浮遊霊や人に化けている存在(精霊・妖怪・滅多にいないけど神霊等)を生きている人間と間違えたり、人の心の状態がそのまま見えたりして(例:普通の人には笑顔に見えても、自分には怒った表情にしか見えない等)、
世間一般の常識に則った“物理的な面”での日常生活を送るには(嘘つき呼ばわりされる等で)支障が出やすいタイプです。

②脳内霊視タイプ
脳内タイプは、文字通り脳内で人の心の状態や霊的存在などが視えるタイプです。
例えば、普通の人には何もいない部屋に見えても、自分には「部屋の片隅に女の人がいる」映像・イメージが頭の中に出てくる、といった風な視え方です。
肉眼タイプと比べれば「これは自分の頭の中に出てきたイメージだ」という認識で、浮遊霊や人に化けている存在(精霊・妖怪・滅多にいないけど神霊等)を視ているので、何かと分別がつきやすい。
脳内タイプの弱点は、視えたものが自分の妄想なのか、本当に存在しているものなのかが判別しづらく、肉眼タイプと比べると、視るだけではなく判別する為にも脳を使う為、精神消耗しやすいのが難点。
言い換えると、脳が常に色んな情報(霊的存在や空間に漂う波動、人の感情や意識等)をキャッチして、おのずと自分の意識もそちらに向いてしまい、考えなくてもいい事を気にしてしまう、という事なので、世間一般の常識に則った“精神的な面”での日常生活を送るには(神経質で傷付きやすい等で)支障が出やすいタイプです。

(※厳密に言うと、どちらも霊体で霊視しているのですが、肉体を持っている私達人間の感覚からすると、霊的情報は脳を媒体にして伝わりやすいので、ここでは分かりやすくする為に肉眼タイプと脳内タイプという表記で説明しました)



0コメント

  • 1000 / 1000


Yaya Waterdrop タロット占いとお守り装身具

占い師・お守り装身具作家 弥々の公式サイトです。弥々の日常を通した占い・魔術・スピリチュアルな濃い話などをブログに綴っています。Ameba Owndをお持ちの方はフォローして頂けましたら幸いです。