占い師 弥々流!タロット占いの解説【タロットの正逆について】〔占い舘時代のブログ〕

弥々【占い師・お守り装身具作家】

ボディピアス愛好家な元アパレル販売員で、現在は占い師・お守り装身具作家の弥々です。
公式サイト「Yaya Waterdrop」では、神奈川県大和市の小田急線「桜ヶ丘駅・大和駅」近辺で霊感タロット鑑定を行いつつ、ファッションにも使える手作りの天然石・パワーストーンのお守り装身具を楽天市場で販売しています。
ちなみに占星術では特殊なアスペクト・グランドクロス(不動宮)を出生図に持つ、左利きで珍しいタイプの占い師。

〔過去記事:2016年執筆、2019年加筆修正〕

こんにちは、占い師の弥々です。
今回のブログもコメントへの返信ではありますが、皆様にもお伝えしたい内容もありましたので、シェア記事として書かせて頂きます。


R様へ
この度はコメントありがとうございます。実はR様のご質問は、よくお客様から鑑定中に聞かれるので、その時に丁寧にお答えしてるんですが、R様も気になったのですね。
では早速、ご質問にお答え致しますが、まず前提として私のメイン占術は、プロフィールにも書いてある通り、霊感(インスピレーション)タロットです(ちなみに霊視等のスピ系は補助占術です)。

R様の仰る通り、普通のタロット占いでは、正位置と逆位置のカードの意味を重視し、“その意味を軸に”占っていきますよね。
しかし、私の場合は霊感タロットなので、まず初めにお客様の話を聞きながら、霊感・霊視である程度占う物事の流れを把握し、“その霊感で感じ取った流れが合っているかを、細かく視る為にタロットを使用”しています。

実際に様々な方を占っていると、自分が感じ取ったものとカードに出てくるものが、微妙に違う時がたま~にあるんですよ。
その時に、霊感・霊視で感じ取ったものと、タロットカードに出たものの違いや誤差を、お客様と会話しながら確認して調整して結果を出し、その結果に対してのアドバイスをさせて頂くのが、私の占い師としての鑑定スタイルなのです。

そして、なぜ正逆を取らないかと言うと、私の場合、霊感を使いながらタロットをしてると、たまにカードが占う事を拒否する時(何度も同じ事を占ったりする等)があり、そういう時は必ずと言って良い程、何を占っても全部逆位置で出たりして、非常に読み辛くて鑑定しにくかった為、正逆を取るのを止めたんですね;(タロットも霊力が宿ってくれば、ただの紙切れではなくなるので…)

そんな訳で…私がタロットの正逆を重視しないのは、実占でたくさんの人々を鑑定してきた結果、導き出した弥々流の占い方なのですよ~。(ちなみにタロットを始め出した頃は、正逆の意味を重要視して占ってましたが、なぜか私の場合はカードの意味を軸に占っていた時程、逆に的中率が低かったです。笑)


余談ですが、霊感等のスピ系能力は、基本的に占い師の体調・精神状態等のコンディションに左右されるものが多いです。その為、「占い師としてスピ系能力も駆使して占うなら、『命術・卜術・相術』の占術を最低でも1つは、扱う技術を身に付けるのがプロ占い師」だと、占い師を始め出した頃に教わりました。

そういう訳で、私の場合は霊感・霊視等のインスピレーションがわりと発達してる為、スピ系能力と相性の良い卜術のタロットを使用してます。
そして、占い師さんによっては、命術の占星術や相術の手相等を、霊感(インスピレーション)と組み合わせて、占ってる先生方は多いですよね。
(ちなみに霊感というのは、発達度合いや個人差はありますが、基本的には誰にでもあるもので、直感の発達・進化系が霊感だと私は認識してます)

…長くなりましたが、ご参考になりましたら幸いです。


0コメント

  • 1000 / 1000


Yaya Waterdrop タロット占いとお守り装身具

占い師・お守り装身具作家 弥々の公式サイトです。弥々の日常を通した占い・魔術・スピリチュアルな濃い話などをブログに綴っています。Ameba Owndをお持ちの方はフォローして頂けましたら幸いです。